• トップ
  • » 青森のニュース
  • » 東日本大震災
  • 2018年3月11日(日)

津波襲来時の「沖出し」ルール化が難航

むつ市の関根漁港沖で「沖出し」の実証実験を行う関根浜漁協の漁船=2013年10月
むつ市の関根漁港沖で「沖出し」の実証実験を行う関根浜漁協の漁船=2013年10月

 津波襲来時に漁船を波の影響が少ない沖合に避難させる「沖出し」で危険な行動を避けるためのルール作りが青森県内で進んでいない。県は青森県太平洋側の2漁港で実証実験を行い、2015年1月にルールを作るための手引書を公表した。だが3年が経過した現在も、この2漁港以外では策定されていない。策定にかかる時間や労力の負担が大きいことなどが要因とみられる。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内