• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2018年3月10日(土)

弘大が非正規職員57人を雇い止め

 非正規労働者が5年を超えて勤務すると正社員と同様に定年まで働ける「無期転換ルール」の4月開始を前に、弘前大学に勤務する有期雇用の非正規職員57人が、3月末で雇用契約が切れ雇い止めとなることが9日、分かった。大学側は昨年10月、専門知識や高度な技術を持つ職員の無期雇用契約を認める「学長裁定」を出し、一部職員の無期雇用を認めたが、職員組合側は「(雇い止めは)ルールを定めた法の趣旨に反する」と反発。同日に団体交渉を行ったが、物別れに終わった。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内