• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2018年1月14日(日)

妖精題材の大作 東京キルトフェスで展示へ

東京国際キルトフェスティバルで展示される五戸さんの作品の一部。メリーゴーラウンドで遊ぶ妖精トムテを表現している
東京国際キルトフェスティバルで展示される五戸さんの作品の一部。メリーゴーラウンドで遊ぶ妖精トムテを表現している

 青森市のキルト作家・五戸修美(おさみ)さん(58)と、県内の生徒約30人が制作したパッチワークキルトの作品「北欧 森の妖精トムテ」が、25日から31日まで東京ドームで開かれる「東京国際キルトフェスティバル」の特設コーナーに展示される。体長約15センチの人形100体以上を手作りし、スウェーデンに伝わる妖精トムテの四季の暮らしをジオラマ風に表現した大作。五戸さんは「葉っぱの一枚一枚まで、小さいものも手を抜かずに作った。世界各国から来るお客さんに見てほしい」と話している。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内