• トップ
  • » 青森のニュース
  • » 原発・核燃
  • 2017年12月31日(日)

六ケ所核融合研が新たな試験棟構想

 量子科学技術研究開発機構・六ケ所核融合研究所(青森県六ケ所村)は、核融合炉の中で熱回収など重要な役割を担う装置「ブランケット」の技術開発を行う試験棟を、敷地内に新設する構想を固めた。近く地盤調査に入り、数年内の着工を目指す。現在、ブランケットのひな型となるテストブランケットモジュール(TBM)を設計中で、試験棟で機能や安全性を確認する。試験棟は、国際熱核融合実験炉(ITER)の次段階となる「原型炉」を建設する上でも主要な試験施設となり、牛草健吉所長は「原型炉のための研究開発も加速したい」と語る。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内