• トップ
  • 2017年10月6日(金)

ほのかな明かりゆらゆら 十五夜に幻想的な竹灯籠あそび

雲間から顔をのぞかせた中秋の名月の下で、竹灯籠の明かりを見つめる親子
雲間から顔をのぞかせた中秋の名月の下で、竹灯籠の明かりを見つめる親子

 十五夜の4日夜、青森県八戸市小中野の御前(みさき)神社で中秋の名月の下で竹灯籠のほのかな明かりを楽しむ「十五夜の竹あそび」が開かれた。数百個の竹筒にともした小さなろうそくの灯が風に揺らめき、境内は幻想的な雰囲気に包まれた。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内