• トップ
  • » 青森のニュース
  • » 青森スポーツ
  • 2017年8月12日(土)

山田高・間山コーチ、監督と二人三脚

練習後、グラウンドで選手の体をケアする間山コーチ=5日、兵庫県三木市
練習後、グラウンドで選手の体をケアする間山コーチ=5日、兵庫県三木市

 青森山田を8年ぶりの「夏」に導いた兜森崇朗監督(38)を、陰で支えた同期生がいる。間山浩之コーチ(37)は、監督と同じ青森市の筒井中出身。野球はほぼ未経験だが、監督は手技療法の施術者でもある同級生に、トレーナーとして白羽の矢を立てた。2人は試行錯誤の末に「打てる体」づくりの練習を考案し、甲子園予選で本塁打6本を放つ強力打線をつくり上げた。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内