• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2017年5月20日(土)

奄美大島に笹森儀助碑、6月除幕

設置作業が始まった「笹森儀助島司 顕彰の碑」=19日、鹿児島県龍郷町小浜(南海日日新聞社提供)
設置作業が始まった「笹森儀助島司 顕彰の碑」=19日、鹿児島県龍郷町小浜(南海日日新聞社提供)

 明治中期、鹿児島県奄美地方の大島島司(とうし)として膨大な負債対策など島民のために尽くした笹森儀助(青森県弘前市出身)の顕彰碑の建立工事が19日、同島龍郷町で始まった。同島の有志一同が計画を進めてきた。県内外で初の笹森碑となる。碑文は東奥日報社の松田修一特別編集委員が起草した。建立主唱者の一人、元同町教育長・宏洲(ひろしま)弘さんは「偉大な笹森島司の碑は、必ずや島民の心の灯台になる」と、6月4日の落成式を心待ちにしている。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内