• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2017年5月20日(土)

在来種「もちきみ」「浪岡あずき」作付け

在来品種の農作物の種をまく生徒
在来品種の農作物の種をまく生徒

 弘前実業高校(福士広司校長)農業経営科の3年生が18日、同校農場で、在来品種の「もちきみ」と「浪岡あずき」の種子を植えた。昨年秋には在来品種「岩木にんにく」を植えており、世代を超えて地域で守られてきた在来作物を受け継ごうとしている。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内