• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2017年3月21日(火)

八戸水産高「青森丸」航海実習を終え帰港

実習生を代表し、あいさつする内城さん(手前)
実習生を代表し、あいさつする内城さん(手前)

 青森県八戸市の八戸水産高校(米内山裕校長)の実習船「青森丸」(660トン)が、ハワイ南方海域でのマグロはえ縄漁など70日間の国際航海実習を終え20日、八戸港に帰港した。着岸した館鼻岸壁では大勢の家族らが船を出迎え、たくましく成長した生徒たちの姿に目を細めた。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内