• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2017年3月20日(月)

潰瘍性大腸炎に「あおもり藍」が有効か

 治療が難しい潰瘍性大腸炎に、青森発の藍染めの染料「あおもり藍」のエキスが有効である可能性が、弘前大学医学部付属病院の動物実験で明らかになった。現段階でまだ結果は安定していないが、研究グループは藍エキスの効果的な投与法やメカニズムの解明など実験を進め、国内外への成果発信も見据えている。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内