• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2017年2月23日(木)

新型インフル想定し むつ病院で訓練

新型インフルエンザの実働訓練で、患者役の男性を問診し検体(鼻の粘液)を採取する医師や看護師たち=22日、むつ総合病院
新型インフルエンザの実働訓練で、患者役の男性を問診し検体(鼻の粘液)を採取する医師や看護師たち=22日、むつ総合病院

 青森県は22日、県内で新型インフルエンザの感染が疑われる患者が発生したことを想定した実働訓練をむつ市のむつ総合病院で行った。同病院やむつ保健所、県職員ら24人が連携しながら患者対応の手順を確認した。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内