• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2017年2月17日(金)

新県産米「あさゆき」加工品を試食/田舎館

「あさゆき」の米粉が使われたパン、うどん、かき揚げを味わう参加者
「あさゆき」の米粉が使われたパン、うどん、かき揚げを味わう参加者

 青森県田舎館村や村内生産者団体4者でつくる「田んぼアートの里ブランド化推進協議会」(会長・鈴木孝雄村長)は15日、同村のレストランジャイゴで、いずれも同村産の県産米新品種「あさゆき」とイチゴを使った加工品5点の試食会・求評懇談会を行った。参加者約40人が舌鼓を打ち商品化を期待した。

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内