• トップ
  • » 青森のニュース
  • 2016年11月5日(土)

旬のリンゴ一堂に/うまい森フェア6日まで

旬のリンゴや加工品などを買い求める来場者でにぎわったフェア会場
旬のリンゴや加工品などを買い求める来場者でにぎわったフェア会場

 東奥日報社は5日、青森県の多彩な食の魅力を発信する「うまい森 青いもりフェア」(県観光連盟共催)を青森市の県観光物産館アスパムで開いた。今回のテーマは「生産日本一! やっぱり青森りんご」。生産者が手塩にかけた旬のリンゴや加工品などを買い求める大勢の来場者でにぎわった。フェアは6日まで。

 県内から約40企業・団体が出店。リンゴは「紅玉」「星の金貨」、新品種「はつ恋ぐりん」など20種類以上が並び、買い物客は食べ比べを楽しみながら好みの品種を選んでいた。各地のご当地グルメや話題の駅弁、スイーツ、新鮮野菜、脂が乗ったサバなどの鮮魚も人気を集めた。

 ステージでは県のりんご勲章表彰式も行われた。出席した三村申吾知事は「会場にはリンゴだけでなく全国に自慢できる青森の特産品がそろっているので、ぜひ手に取って味わって」と来場者に呼び掛けた。本紙連載をまとめたエッセー「ききりんご紀行」を出版した作家・谷村志穂さんのトークも行われた。

 アートホテルカラー青森(青森市)のレストランチーフ柿崎和江さんが手掛けたフェア特製弁当(税込み2千円)は6日も20食限定で販売予定。

【関連リンク】うまい森 青いもり

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内