• トップ
  • » 映画情報
  • 2017年10月6日(金)

インド映画の最高傑作『バーフバリ 王の凱旋』日本版特報解禁

インド映画『バーフバリ 王の凱旋』は12月29日より東京・新宿ピカデリー、丸の内TOEIほか全国で順次公開(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
インド映画『バーフバリ 王の凱旋』は12月29日より東京・新宿ピカデリー、丸の内TOEIほか全国で順次公開(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
 2016年にインド映画史上歴代最高の興行収入を達成し、日本でも限定公開ながらうわさがうわさを呼び、観客が主人公バーフバリの名前を叫ぶ“絶叫上映”も話題となって異例のロングランヒットを記録した『バーフバリ 伝説誕生』。その続編にして完結編『バーフバリ 王の凱旋』(S.S.ラージャマウリ監督)の日本版特報映像が解禁された。

【動画】インド映画『バーフバリ 王の凱旋』日本版特報

 『バーフバリ 王の凱旋』は今年4月に世界各国で公開され、前作のすべての記録を塗り替えた。特報では、「王を称えよ!」というキャッチコピーの通り、「バーフバリ!」という民衆の連呼をバックに壮大なアクション、さらに絢爛豪華な歌と踊り、インド映画の底力を感じさせる圧倒的映像を垣間見ることができる。

 物語の舞台は、遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父アマレンドラ・バーフバリの悲劇を聞かされる。

 カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。

 やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む。

 前作『バーフバリ 伝説誕生』はBlu-ray&DVD発売・レンタル中。『バーフバリ 王の凱旋』は12月29日より、東京・新宿ピカデリー、丸の内TOEIほか全国で順次公開。




【関連ニュース】
ハリウッド並みの巨費を投じた中国ドラマが面白い 日本でも存在感 (17年10月03日)
片岡鶴太郎、インド政府公認のヨガ検定合格&親善大使就任 体重も43キロに「Sサイズもブカブカ」 (17年06月13日)
三森すずこ、インド映画で実写吹き替え初挑戦「初心者に優しい」 (17年07月27日)
インド映画で活躍する日本人の女性撮影監督に密着 語りは中谷美紀 (17年06月18日)
「スター・ウォーズ」“あざとカワイイ”新キャラ・ポーグのルーツは「ニシツノメドリ」 (17年09月20日)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内