• トップ
  • » 音楽情報
  • 2017年10月5日(木)

稲垣潤一×水谷千重子、“元恋人”の2人が再会

稲垣潤一と水谷千重子のデュエット曲「どうせ始まらない」MV
稲垣潤一と水谷千重子のデュエット曲「どうせ始まらない」MV
 デビュー35周年を迎えた歌手・稲垣潤一の6年ぶりとなるオリジナルアルバム『HARVEST』(9月27日発売)収録曲で、友近扮する大御所演歌歌手・水谷千重子とデュエットした「どうせ始まらない」のミュージックビデオ(MV)とメイキング映像が公開された。

【動画】稲垣潤一×水谷千重子のデュエット曲MV解禁

 MVは、以前恋人同士だった2人がスナックのママと客として偶然再会するという設定。昭和の雰囲気がぷんぷん漂う都内のスナックを舞台に、秋元康氏が書き下ろした歌詞を基にストーリーが展開し、わざとカラオケ映像のような演出で撮影された。

 稲垣のソロシーンから撮影はスタートし「演技はできないよ!」と言いつつも、監督も納得の演技。その後、水谷が現場入りし、和やかかつテキパキと撮影が行われた。

 水谷は「稲垣のジュンジュンとコンサートでジョインさせてもらってから約2年! まさか本当に曲出せるなんて夢のようよ! とにかく80年代のあなたの青春の1ページが蘇るわ」と大喜びし、「ジュンジュンのクリスタルボイスと千重子のサファイアボイスが秋元康ちゃんの歌詞にしっくりきちゃうわけ。これは聴くっきゃないねっ!」とノリノリ。

 デュエットの帝王・稲垣も「どっからどう見ても50周年には見えない水谷千重子先生。ジャンルを選ばず、どんな曲も自分流に歌う先生。ちりめんビブラート系VSノンビブラート系の歌の対決、見もの、聴きものでございます」とアピールしている。




【関連ニュース】
【試聴】稲垣潤一の主な配信楽曲
さや姉、稲垣潤一と“40歳差”デュエット「全く想定外」 (16年12月26日)
Chage&千重子が熱唱  友近主宰ライブに大物集結のワケ (17年04月17日)
水谷千重子、“宮迫似”春澪と新曲初披露「抱いてフラ・フラ」 (17年05月06日)
水谷千重子、フェスの構想明かす「明菜ちゃんに出てもらいたい」 (15年04月22日)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内