• トップ
  • » 音楽情報
  • 2017年10月3日(火)

広瀬すず、“初恋”の想い出たどる スピッツ「歌ウサギ」短篇ムービー公開

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の“その後”を演じる広瀬すず
映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の“その後”を演じる広瀬すず
 ロックバンド・スピッツが、俳優・生田斗真と女優・広瀬すずの初共演映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)のために書き下ろした主題歌「歌ウサギ」の世界観を映像化したショートムービーが公開された。監督は映画に引き続き三木孝浩監督が務め、広瀬はヒロインの“その後”を演じた。

【動画】広瀬すずがスピッツ「歌ウサギ」を口ずさむSP映像

 三木監督は脚本作りや衣裳合わせの段階からスピッツの曲を聴き、イメージを膨らませていたほどのスピッツファン。今回、スピッツが書き下ろした主題歌を聴いた三木監督は「この曲の世界観を映像化したい」と熱望し、映画でヒロインを演じた広瀬も出演を快諾した。

 映画では、世界史の教師・伊藤(生田)に初めて恋をする不器用な高校2年生・響を広瀬が演じているが、今回の作品では高校卒業後の響が描かれる。少し大人になった響は、イヤホンから流れる「歌ウサギ」を口ずさみ、母校の教室や廊下、海辺などの想い出の場所を巡りながら初恋の記憶をたどる。

 響の“その後”を演じた広瀬は「映画の世界観に寄り添うような、とても懐かしい雰囲気です。今回は高校を卒業した後の響ちゃんを演じましたが、私もこの春卒業したばかりで、学生時代に撮った『先生!』は想い出がたくさん詰まった作品」と言い、再び響を演じる喜びを語った。

 さらに「大人になるといろんなことを考えるようになって、響ちゃんみたいに純粋にまっすぐに誰かを思う時間はひょっとしたら高校生のときだけなのかも、とも思うようになりました」と高校卒業後の心境の変化も告白し、「そんな彼女のひたすらにまっすぐな部分は見る人に勇気を与えてくれると思うので、ぜひ映画館で響ちゃんのまっすぐなセリフをたくさんしみこませてください」と勧めた。

 メガホンを取った三木監督は「すずちゃんはあの時から少し髪も伸びてて、その姿を見てなんだか卒業して久しぶりに会った響が映画を観ながら自分の思い出を回想しているような、そんな錯覚にとらわれた」と振り返り、「もし、すずちゃんが『歌ウサギ』を聴きながら、かつて自分がいた場所をたどることができたらとってもステキだなぁと思いました」と今作の制作意図を明かした。




【関連ニュース】
【試聴】スピッツの主な配信楽曲
【動画】生田斗真が辞書ポンに肘グイ…『先生!』テレビCM映像
【写真】広瀬すずのウエディングドレス姿公開
【場面写真】広瀬すずの“ずぶ濡れ号泣”シーン公開
【メイキング写真】『先生!』で共演する広瀬すず&森川葵

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内