• トップ
  • » 経済ニュース
  • 2017年9月30日(土)

ビートルズの名曲が「ほぼ日手帳」に 有名クリエイターの手がけるカバーが誕生

THE BEATLES × ほぼ日手帳2018
THE BEATLES × ほぼ日手帳2018
 人気の手帳「ほぼ日手帳」が2018年版として10月1日、ザ・ビートルズとコラボレートした手帳カバーを発売する。Perfumeや星野源など人気ミュージシャンのCDジャケットや広告・雑誌など幅広く手がけているアートディレクター・吉田ユニ氏など有名クリエイターたちが、ザ・ビートルズの名曲からインスピレーションされたデザインを施した計4種類のカバーとなる。

『ラ・ラ・ランド』の由来は何? 映画に登場する「ロケ地」も紹介

 吉田氏が手がけたのは「IN MY LIFE」をテーマとしたスタイリッシュなカバー。ブラックを基調とした合皮カバーには、ザ・ビートルズが設立したアップル・レコードをモチーフにした濃グレー色のりんごを並べており、ほぼ日手帳史上初となる5本のしおりやカバー裏ポケットには、それぞれに「YESTERDAY」「ALL MY LOVING」などザ・ビートル楽曲名が金色の箔押しが施されている。

 ほかにも、「マルちゃん正麺」(東洋水産)の広告・パッケージやAKB48「ヘビーローテーション」CDジャケット・デザインのアートディレクター・秋山具義氏が手がけたのは「HELP!」。鮮やかなグリーンカラーのなかに、1965年に発売したザ・ビートルズのレコードアルバムビジュアルからシルエットやロゴを配置。カバー裏側ポケットには、シルエットのリンゴがまるで中に入っているかのように描かれている。また「1年間持つ手帳だからこそ、ハッピーでポジティブに過ごせるようなものを作りたい」(秋山氏)という想いから「LOVE ME DO」をテーマにしたカラフルなロゴを配置したシッパー仕様のカバーもデザインしている。

 さらに、IDEE食器などを手がけるイラストレーター・塩川いづみ氏は、「BLACKBIRD」をテーマにしており、曲で歌われているとされる“クロウタドリ”をイメージした黒い鳥のイラストをカッパー(銅色)の帆布にプリントした、愛らしいデザインを描いている。

 すべての手帳のポケット下部には、ザ・ビートルズのロゴが入っているところも、ファン心をくすぐりそうだ。

 ほぼ日手帳とは、糸井重里氏が主宰する「ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」が手がける人気の手帳。さまざまなスケジュールをただ記載するだけではなく、さまざまな使い方をするユーザーなども多い。今回のコラボカバーについて糸井氏は「はじめてのコラボレーションだからこそ、ビートルズが次々に新しいことに挑戦したように、『ふつう』に収まらないことがしてみたかったんです。今回の4つのカバーはどれもそんなふうに仕上がっているんじゃないかなと思っています」と仕上がりに自信をみせている。

 商品は、10月1日(日)午前11時より販売スタート(ロフトは各店の開店時間より)。場所は、ほぼ日公式Webショップ、ビートルズ公式ストア、全国ロフトにて発売予定。


【関連ニュース】
実際の利用者が選んだ【オンライン英会話】1位は…
英語ができたら話してみたい 1位はジョニデ&ガガ
『君の名は。』ハリウッドで実写化に 新海監督も期待
さっそく確認! “日常会話レベル”で人気の【英会話スクール】ランキング
「ライブの楽しみ方」を英会話で?イムランの「週末のできごとを英語で話してみよう!」第11回?

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内