• トップ
  • » 科学・環境
  • 2017年12月29日(金)

前規制委員長、飯舘に移住 原発避難の村で復興手助け

福島県飯舘村の新居の前で、同村出身の男性と談笑する原子力規制委前委員長の田中俊一さん(右)=26日(車のナンバーを画像加工しています)
福島県飯舘村の新居の前で、同村出身の男性と談笑する原子力規制委前委員長の田中俊一さん(右)=26日(車のナンバーを画像加工しています)

 今年9月に原子力規制委員会の初代委員長を退任した、福島市出身の田中俊一さん(72)が12月、東京電力福島第1原発事故で全村避難を強いられた福島県飯舘村に居を構えた。かつて除染アドバイザーを引き受けたゆかりのある土地に暮らし、復興の手助けをする。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内