• トップ
  • » 国際
  • 2017年10月7日(土)

「核兵器一つも減らない」 米大使が否定的見解

 【ニューヨーク共同】ウッド米軍縮大使は6日、ニューヨークの国連本部で共同通信の取材に応じ、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル平和賞受賞決定について「核軍縮に実質的な影響を及ぼさないし、核兵器を一つも減らすことにならない」と述べた。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内