• トップ
  • » 社会
  • 2017年10月6日(金)

抑留死亡者53人の身元追加特定 シベリアと樺太、厚労省

1950年1月、京都・舞鶴港に着いたシベリアからの引き揚げ者
1950年1月、京都・舞鶴港に着いたシベリアからの引き揚げ者

 厚生労働省は6日、終戦後に旧ソ連に抑留され、シベリア地域と樺太(現サハリン)で死亡した53人の身元を新たに特定し、漢字氏名や出身地をホームページで公表した。ロシア政府から提供を受けた名簿と日本側の資料を照らし合わせるなどして確認した。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内