• トップ
  • » 政治
  • 2017年10月5日(木)

小池氏、連立も視野 定数の過半数擁立にめど

記者の質問を聞く希望の党代表の小池都知事=5日午後、都庁
記者の質問を聞く希望の党代表の小池都知事=5日午後、都庁

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は5日、衆院選対応を巡り、立候補要請があっても固辞する考えを重ねて表明した。合流した民進党の前原誠司代表との会談後、記者団に語った。希望は今後、衆院選後の首相指名選挙の候補選定に向けた調整を進める。小池氏は他党との連立も視野に対応を検討する。安倍晋三首相(自民党総裁)は選挙後の希望との協力関係構築に含みを残した。希望は衆院定数の過半数233人超の候補者擁立にめどを付けた。公約を6日午前に発表する。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内