• トップ
  • » サッカー関連
  • 2017年10月5日(木)

南米3大統領がW杯に立候補表明 30年のサッカー、共催目指し

2030年のサッカーW杯共催を目指す南米の3大統領。左から2人目がアルゼンチンのマクリ大統領。右へパラグアイのカルテス大統領、ウルグアイのバスケス大統領。左端はFIFAのインファンティノ会長=4日、ブエノスアイレス(アルゼンチン大統領府提供、AP=共同)
2030年のサッカーW杯共催を目指す南米の3大統領。左から2人目がアルゼンチンのマクリ大統領。右へパラグアイのカルテス大統領、ウルグアイのバスケス大統領。左端はFIFAのインファンティノ会長=4日、ブエノスアイレス(アルゼンチン大統領府提供、AP=共同)

 南米のアルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイの大統領は4日、ブエノスアイレスの大統領府で共同声明を発表し、2030年サッカーワールドカップ(W杯)の共催を目指すと表明した。アルゼンチンのマクリ大統領は、アルゼンチンで6会場か8会場、ウルグアイとパラグアイで2、3会場を想定していると明らかにした。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内