• トップ
  • » 国際大会
  • 2017年10月5日(木)

五輪選手村で50億円超削減も 組織委、IOCに提示

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が4日までの国際オリンピック委員会(IOC)との事務折衝で、IOCが求める選手村の建設基準が緩和されれば最大50億円超のコストカットが可能などとする経費削減案を示したことが分かった。自転車会場となる静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームとマウンテンバイクコースは最大26億4千万円を削れるとした。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内