• トップ
  • » 文化・芸能
  • 2017年10月4日(水)

森鴎外“自筆”原稿は模写だった 神奈川近代文学館が確認

森鴎外の自筆原稿とされていた、木下杢太郎の模写原稿(神奈川近代文学館蔵・木下杢太郎文庫)
森鴎外の自筆原稿とされていた、木下杢太郎の模写原稿(神奈川近代文学館蔵・木下杢太郎文庫)

 文豪森鴎外(1862~1922年)の史伝「北条霞亭」の自筆原稿として神奈川近代文学館が所蔵してきた原稿は、文学者で医師の木下杢太郎(1885~1945年)による模写で、実物は宮城県亘理町立郷土資料館に保管されているのを確認したと、同文学館が4日までに明らかにした。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内