• トップ
  • » 科学・環境
  • 2017年10月4日(水)

柏崎原発、事実上の審査合格 事故起こした東電で初めて

新潟県の東京電力柏崎刈羽原発の6号機(右)と7号機=9月30日(共同通信社機から)
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発の6号機(右)と7号機=9月30日(共同通信社機から)

 原子力規制委員会は4日、定例会合を開き、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査で、重大事故対策が新規制基準に適合したとする「審査書案」を了承した。事実上の審査合格で、東電の原発としても、福島第1原発と同じ沸騰水型炉としても初めて。今後、意見公募や経済産業相への意見照会を経て審査書案を正式決定するが、新潟県の米山隆一知事が再稼働への地元同意に慎重姿勢で、判断は数年先とみられる。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内