• トップ
  • » 国際大会
  • 2017年10月4日(水)

体操内村は全治2~3週間 靱帯損傷、手術は必要なし

内村航平のけがの診断結果について説明する、日本体操協会の水鳥寿思男子強化本部長=3日、モントリオール(共同)
内村航平のけがの診断結果について説明する、日本体操協会の水鳥寿思男子強化本部長=3日、モントリオール(共同)

 【モントリオール共同】日本体操協会の水鳥寿思男子強化本部長は3日、モントリオールで取材に応じ、世界選手権の男子予選で左足首を痛めて途中棄権し、個人総合7連覇を逃した内村航平(リンガーハット)が「左足の前距腓靱帯不全断裂で全治2~3週間」と診断されたと明らかにした。骨に異常はなく、手術の必要はないという。この日、市内の病院で検査を受けた。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内