• トップ
  • » 暮らし・話題
  • 2017年10月4日(水)

札幌の「一つ星」料理店で食中毒 寄生虫アニサキスが原因

 札幌市中央区のフランス料理店「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」を利用した男性2人が寄生虫アニサキスによる食中毒を発症したとして、市保健所は3日、店を2日間の営業停止処分とした。2人は快方に向かっている。店は「ミシュランガイド北海道2017特別版」で「一つ星」に認定されていた。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内