• トップ
  • » 科学・環境
  • 2017年10月3日(火)

プルトニウム、長期で削減 原子力委が見解文書

 国の原子力委員会(岡芳明委員長)は3日、原発の使用済み核燃料を再処理して取り出したプルトニウムについて「たまり続けることはなく、長期的に保有量の削減という目標が達成される」との文書を初めてまとめた。プルトニウムは核兵器転用の恐れがある放射性物質。米国などが日本の大量保有を懸念しており、国として一定の見解を示した形だ。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内