• トップ
  • » 科学・環境
  • 2017年10月3日(火)

福島第1の廃炉作業現場を公開 東電とエネ庁

福島第1原発の廃炉作業現場。プールに残る使用済み核燃料の取り出しが先送りとなった2号機(左)と、取り出し準備が進む3号機(右)=3日午後(代表撮影)
福島第1原発の廃炉作業現場。プールに残る使用済み核燃料の取り出しが先送りとなった2号機(左)と、取り出し準備が進む3号機(右)=3日午後(代表撮影)

 東京電力と経済産業省資源エネルギー庁は3日、福島第1原発の廃炉作業現場を報道陣に公開した。廃炉に向けた中長期ロードマップ(工程表)の改定で、1、2号機のプールに残る使用済み核燃料の取り出し開始を3年先送りした理由について、同庁の木野正登廃炉・汚染水対策官は「作業の障害になる強い放射線への慎重な対応が必要になったため」と説明した。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内