• トップ
  • » 暮らし・話題
  • 2017年10月3日(火)

函館コンブ、統一名称でPRへ 水揚げ日本一も知名度低く

北海道函館市でマコンブの加工作業をする漁師=9月27日
北海道函館市でマコンブの加工作業をする漁師=9月27日

 日本一のコンブ水揚げ量を誇りながら、産地としての知名度が低い北海道函館市と市内の漁協が、地元産コンブの名称を「函館真昆布」に統一してブランド化に乗り出す。現在は複数の銘柄があり、いずれも函館の名を冠していない。道内では利尻や羅臼が産地として知られており、函館市の担当者は「コンブなら函館というイメージを定着させたい」と意気込んでいる。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内