• トップ
  • » 国際大会
  • 2017年10月3日(火)

IOC、東京のコスト削減要望 聖火リレーは柔軟対応

東京五輪の準備状況を確認する事務折衝であいさつする組織委の森喜朗会長(奥中央)。右端はIOCのコーツ調整委員長=3日午前、東京都港区
東京五輪の準備状況を確認する事務折衝であいさつする組織委の森喜朗会長(奥中央)。右端はIOCのコーツ調整委員長=3日午前、東京都港区

 2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会の7回目の事務折衝が3日、東京都内で2日間の日程で始まった。冒頭、IOC調整委員会のコーツ委員長は大会経費について過去のデータを基に、改めて「夏季大会で10億ドル(約1130億円)、冬季大会で5億ドル(約565億円)を節約したい」と述べ、予備費を除いて1兆3850億円と見込む東京大会の開催経費のさらなる削減を求めた。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内