• トップ
  • » 医療・健康
  • 2017年9月30日(土)

川崎病患者、1万6千人を超える 15年に過去最多、16年は微減

 乳幼児に多く、心臓の後遺症の恐れがある「川崎病」の患者が、2015年に初めて1万6千人を超え、過去最多となったことが30日、NPO法人「日本川崎病研究センター」(東京)の全国調査で分かった。1990年ごろから増加傾向だが、理由は分かっていない。15年の患者数は1万6323人で、16年はやや減少し、センターは「推移を注視する必要がある」としている。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内