• トップ
  • » 大相撲関連
  • 2017年9月29日(金)

全休の稀勢の里、再起へ意欲 選士権出場「良くなった」

横綱土俵入りを披露する稀勢の里。左は太刀持ちの松鳳山=29日、茨城県笠間市
横綱土俵入りを披露する稀勢の里。左は太刀持ちの松鳳山=29日、茨城県笠間市

 左上腕などの負傷で大相撲秋場所を全休した横綱稀勢の里が29日、茨城県笠間市の笠間稲荷神社で横綱土俵入りを披露した後で取材に応じ、「朝から晩まで相撲のことを考えていた。復活しようと毎日毎日やっていた。しっかり15日間相撲を取れるようにする」と再起への意欲を語った。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内