• トップ
  • » 医療・健康
  • 2017年9月28日(木)

iPSで腎性貧血改善に成功 京大・香川大、マウスで確認

チームが作製したエリスロポエチン産生細胞(京都大iPS細胞研究所提供)
チームが作製したエリスロポエチン産生細胞(京都大iPS細胞研究所提供)

 不足すると腎性貧血を引き起こすタンパク質「エリスロポエチン」を作り出す細胞を人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製し、貧血のマウスに移植して症状を改善させることに成功したと京都大と香川大のチームが27日付の米医学誌電子版に発表した。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内