• トップ
  • » 医療・健康
  • 2017年9月22日(金)

入場者が100万人を突破 熊本県の水俣病資料館

熊本県水俣市の水俣病資料館の入場者が100万人を突破、記念式典でくす玉を割る西田弘志市長(左)と緒方正実さん(右)たち=22日午後
熊本県水俣市の水俣病資料館の入場者が100万人を突破、記念式典でくす玉を割る西田弘志市長(左)と緒方正実さん(右)たち=22日午後

 水俣病の歴史と患者らの苦難を伝えてきた熊本県水俣市の市立水俣病資料館は22日、開館以来の入場者が100万人を突破、西田弘志市長と同館「語り部の会」会長の緒方正実さん(59)が出席し、記念式典が開かれた。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内