• 2017年10月6日

無痛分娩

 <無痛分娩(ぶんべん)>陣痛や分娩の痛みを麻酔で和らげる手法で、痛みを脳に伝える脊髄に近い「硬膜外腔(くう)」に細い管で麻酔薬を注入するのが一般的。子宮の収縮に影響はなく、赤ちゃんを押し出そうといきむこともでき、通常より体力の消耗が少ないなどの利点がある。一方で、まれに麻酔の誤注入や効きすぎにより、低血圧や呼吸停止などの副作用が生じる恐れもある。

(共同通信社)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内