• 2017年10月6日

内部留保課税

 企業が稼いだ最終的な利益のうち、株主への配当や設備投資などに回さず社内に蓄積した部分に課税すること。企業が利益をため込まず、積極的な賃上げや設備投資に振り向ける効果が期待できるとして、与党内にも賛成論がある。ただ、内部留保は法人税を支払った後の利益を累積したもので、経済界や専門家には「二重課税」との批判もある。

(共同通信社)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内