• 2017年10月5日

進行性骨化性線維異形成症

 <進行性骨化性線維異形成症(FOP)>全身の筋肉や腱(けん)などの中に、本来できないはずの骨ができ、筋肉や関節が動きにくくなる。発症には遺伝子の変異が関わっているとされるが、詳しいメカニズムは不明。有効な治療法は見つかっていない。難病情報センターによると、海外での発症率は200万人に1人といわれる。幼い頃から徐々に骨化が進行するケースが多く、つえや車いすが必要になることもある。

(共同通信社)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内