• 2017年5月3日

憲法改正

 日本国憲法改正の手続きは96条に定められている。衆参両院でそれぞれ総議員の3分の2以上の賛成によって国会が発議し、国民投票で過半数の賛成が必要。2007年5月、第1次安倍内閣で具体的な手続きを定めた国民投票法が成立した。投票法に基づき、憲法に関する総合的な調査を行い、改正原案を審査する憲法審査会が07年8月、衆参両院に設置され、審議が続いている。これまでに憲法が改正されたことはない。

(共同通信社)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内