• 2016年11月1日

東芝の不正会計

 パソコン事業やインフラ、半導体などの事業で、長年にわたって利益を水増ししていた問題。内部通報で発覚した。東芝が調査を依頼した第三者委員会は、業績悪化をごまかすため経営トップが圧力をかけたと認定。昨年7月、当時の田中久雄(たなか・ひさお)社長、佐々木則夫(ささき・のりお)副会長、西田厚聡(にしだ・あつとし)相談役の歴代3社長が引責辞任した。金融庁は同12月、証券取引等監視委員会の勧告に基づき、有価証券報告書に虚偽記載があったとして過去最高の73億7350万円の課徴金納付を東芝に命じ、東芝は全額納付した。東芝は田中氏ら旧経営陣5人への損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こした。

(共同通信社)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内