• 2005年5月17日

ハワラ

 中東やアジア・アフリカのイスラム社会で中世から広く利用されている独特の送金システム。仲介業者に金を預け、海外などで別の業者から受け取る仕組みで、銀行よりも手数料が安く、出稼ぎ労働者が郷里への送金などに利用している。最大の特徴は互いの信用を最優先し、約束文書や記録が残らないこと。テロ組織が資金調達に利用しているとの指摘もあり、米政府が監視を強化している。(共同)

(共同通信社)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内