Tooナビ
Web東奥
東北新幹線

●下北特集へ
■イカづくし!風間浦村

 


写真
写真
 下北の海岸沿いはアワビ、ウニ、マグロと豊富な海の幸が味わえる。風間浦はイカ漁がさかんな村だ。観光客が漁船に乗ってイカの洋上釣りが体験できるイベントや、スルメイカ漁のいさり火を見物するイベントが開かれている。

 8月28日は今回で3回目となる「下風呂温泉郷『ゆかい村海鮮どんぶりまつり』」が、下風呂漁港で行われた。目玉のミニ丼はイカが300円、アワビ、ウニ、マグロが500円と手ごろな値段で販売され、10時半からの前売り券には長い行列ができた。正午すぎには700食が完売した。

 その場で水から引き揚げられ、次々とさばかれるイカは、丼になってもまだ足が動く。吸盤が海ぶどうのように細かく、普段食べているものとは色も違う。胴の部分は甘くて薄く食べやすい。足の部分はコリコリしていてやや固い。すごい歯ごたえだ。

 風間浦の名物「元祖・烏賊様(いかさま)レース」も行われた。活イカを泳がせて順位を競うゲームで、棒でスルメイカを突っついてゴールを目指す。レースは10月末までの金、土曜の午後5時から開催している。休漁日や定員(6人)に達しない場合、イカがない場合などは休む。参加料金は500〜600円(イカの大きさによる)、見物客用の連勝複式の投票券付きスルメは100円。

◇活イカ備蓄センター
■下北郡風間浦村大字下風呂字下風呂127
■TEL 0175-36-2112
■営業時間 8:30-17:00
■アクセス
 霊場恐山からは車で約1時間
オープニングはイカのテープカット 特産品が勢ぞろい やはり海産物が多い
すごい行列 500円のアワビ丼やウニ丼も人気 イカ焼き
●下北特集へ