Tooナビ
Web東奥
東北新幹線

●青森特集へ
夜は話題のジンジャーを郷土料理で!生姜味噌おでん

 


写真
 青森市民の味として親しまれてきた生姜味噌おでん。「居酒屋篤」を始めるとき、店長の三上篤司さんが看板商品になるメニューはないかと考え、生姜味噌おでんをメニューに加えた。居酒屋で生姜味噌おでんを売った発祥の店とされている。

写真
 おでんのたねは薩摩揚げの一種である大角天と角こんにゃくの2種類だけ。一口食べるとぴりっとした生姜の辛味が舌に広がる。味噌100gに対して使用する生姜は50gというたれは少々大人向け。味噌、生姜、みりん、日本酒、白砂糖が入っている。水は使わない。濃厚な味でお酒に合うように作っている。

 2時間以上かけて出汁に漬け込むため、たれをつけなくても十分に味わえる。串を回しながら刺すのがこつで、長い時間煮てもはずれないそうだ。

写真
 店には「ホタテ入りのしゅうまい」や「シャコの刺身」など、三上さんが古川市場で吟味した地元食材を使った料理が低価格で並ぶ。

 「おでんは冬のイメージだけど、夏の方が良く売れるな」。甘い味噌だれにたっぷりの生姜が入ることで、生姜味噌おでんはさっぱりとした味わいになる。青森の夜はこじんまりした居酒屋で津軽弁を話す友達を作ろう。

写真
生姜味噌おでん4本セット300円
■青森市本町2−2−15ナイトパレス1F  ■TEL 017-776-8191
■営業時間 17:00−0:00  ■定休日 日曜・祝日  ■駐車場なし
■アクセス
 青森駅から徒歩13分
Tooナビの生姜味噌おでんページ