Tooナビ
Web東奥
東北新幹線

●青森特集へ
浅虫で温泉づくし

 


写真
ゆ〜さ浅虫の展望浴場「はだか湯」
 浅虫は陸奥湾に面した温泉町だ。旅館が数多く立ち並ぶ観光地だが、道の駅「ゆ〜さ浅虫」は日帰り入浴で人気を集めている。5階の展望浴場「はだか湯」は350円で陸奥湾や湯の島を望む温泉に入ることができると評判だ。

写真
 地元の人が多いのかと思いきや、「ゆ〜さ浅虫」によると半分は県外のお客さん。1階にはおみやげ品も多数そろっている。浅虫名物の久慈良餅、さらにカシスコーナーが特に充実している。



 「ゆ〜さ浅虫」から徒歩10分ほどのところに温泉卵を自分で作る場所がある。「ゆ〜さ浅虫」と浅虫温泉駅の間の道を「浅虫温泉南部屋」まで行き、左に曲がる。数分まっすぐ行くと左手に見える。細い道なので少しわかりにくいかもしれない。「ゆ〜さ浅虫」向かいの浅虫温泉駅で地図をもらうと便利だ。

写真
 備えつけの籠に入れてお湯の中に沈める。温泉事業組合の人によると、その場で食べるなら17分。15分から20分くらいの間で好みに応じて引き上げよう。待ち時間は隣にある足湯に漬かっていればあっという間だ。



写真
手前が足湯。奥に温泉卵を作る場所がある
写真
 17分経って割ってみると、とろっとした温泉卵が滑り出た。ぷるんとしていて固まるぎりぎりのまさに温泉卵。白身は温泉に漬かっていたので若干塩味が効いている。黄身はほんのりと甘い。

 温泉卵は半熟の状態を維持するため、氷で冷やしてしまうから、記憶にある温泉卵はどれも冷たい。自分で作れば温かいものを味わえる。

 弘前から来たというご夫婦は今回で2回目。親戚に配るため大量の卵を抱えていた。近所の人は朝2、3分漬けに来る。そうすると黄身が甘くなり、卵かけご飯に良いそうだ。卵は道の駅や近くの八百屋で購入できる。駐車場もあるので立ち寄りやすい。

写真
夕焼けに染まる浅虫
◇ゆ〜さ浅虫
■青森市浅虫字蛍谷341-19  ■TEL 017-737-5151
■展望浴場の営業時間 7:00−21:00(受付は20:30まで)
■展望浴場の料金 大人350円 小学生150円 幼児(2〜6歳)60円
■アクセス
 青森駅から車で約40分(16km)
 電車の場合は浅虫温泉駅下車すぐ
Tooナビのゆ〜さ浅虫のページ

◇温泉たまご場
■浅虫温泉事業協同組合(青森市浅虫内野6)隣の源泉公園
■利用時間 6:00−18:00  ■無料
■アクセス
 ・ゆ〜さ浅虫から徒歩9分