キャンペーン


20~30代に多い病気

 20~30代の女性に一番多いがん、それが「子宮頸がん」です。がんは年配の人の病気では-という思い込みは当てはまりません。子宮は、妊娠・出産にかかわる大切な器官ですが、奥の方にできる「子宮体がん」が50~60代に多いのとは対照的に、子宮入り口に細長く突きだした部分にできる「子宮頸がん」は30代が発症のピーク。日本では1日に約10人が亡くなるといわれています。

原因はウイルスによる感染

 子宮頸がんの原因になるのがヒトパピローマウイルス(HPV)です。HPVは皮膚や粘膜に存在するごくありふれたウイルスで、100種類以上ありますが発がん性のあるタイプは15種類ほどです。

 皮膚や粘膜の接触でうつるので、主に性交渉で感染しますが、性交経験のある女性の8割以上が一度は感染するといわれています。誰でも感染する可能性があるのです。ただし、必ずがんになるわけではなく、発症はごく一部で、90%以上は自然に体外に排出されて消えます。何年にもわたって感染した状態が続くと細胞が異常な形態になり、発症につながるといわれています。

 HPVは一度消えても、何度でも感染するので、定期的に検診を受けて早く見つけることが肝心です。

初期は無症状。だから検診を

 がんになる前の段階や、がんの初期では、おりものの異常や不正出血などの症状がみられることがありますが、ほとんどは自覚症状がありません。検診で見つかることが多い病気です。ごく初期の段階なら異常な部分だけを切り取る手術で済みます。比較的治癒しやすいがんといわれ、ほぼ100%完治し妊娠・出産も可能です。しかし、がんが進行すると、子宮全体の摘出手術や、薬や放射線での治療が必要となります。がんが頸部以外にも広がっている場合、卵巣など周囲の器官まで切除しなくてはなりません。また、排尿障害などの重い後遺症が残り、不便な生活を強いられることもあります。自身の命はもちろん、将来ママになって子どもを育む機会を奪う病気なのです。

 症状のないうちに、できるだけ早く発見・治療することが大切ですが、残念ながら日本は、検診受診率が先進国の中で最低です。20~69歳の女性の子宮頸がん検診受診率(OECD加盟国調査、日本は2006年調査)を見ると、欧米の70~80%に比べ、日本は24.5%。先進国では検診を受けることが当たり前のことになっているのです。もっと検診を受けてもらおうと20歳から40歳まで5歳刻みに無料の検診クーポンが発行されています。また、無料クーポンの対象年齢でなくても、お住まいの自治体が指定する検診制度により無料~1000円程度で受診できます。問い合わせて、ぜひ活用を。検診は最低でも2年に1度は必ず受けるようにしましょう。

対策は「早すぎる」ことはありません

 HPVを予防するため、ワクチンが開発されています。発がんリスクの高い2種類のHPVの感染から守り、性交渉経験前に接種することで効果があります。厚生労働省では副作用の報告により現時点では積極的な推奨を中断しています。希望者の接種は可能です。

 しかし、ワクチンの効果は7~8年といわれ、一生続くものではありません。また性交渉経験者はすでにHPVに感染している可能性もあります。ワクチンは予防の手段であり、治療にはなりません。定期的な検診を受け、自分の体の状態を知っておくことが大切になるのです。

 性交渉の低年齢化により、子宮頸がん発症も若年化しています。対策は早すぎることはないのです。子宮頸がんについて正しい知識を持ち、あなたの体を守るメンテナンスを、ぜひ今日から始めましょう。




後  援
青森県
青森県教育委員会
青森県医師会
青森県臨床産婦人科医会
青森県看護協会
青森県薬剤師会
青森県商工会議所連合会
青森県商工会議所女性会連合会

特 別 協 賛