• トップ
  • » 文化・芸能・暮らし
  • 2018年3月9日(金)

怪奇と幻想の世界というよりカラフルなおとぎ話だった新国立劇場のオペラ『ホフマン物語』

週刊ファッション日記 番外編#32

ジャック・オッフェンバック(1819~1880)という作曲家は、残された写真を見るとちょっと容貌怪異だが、「狼目の男」と呼ばれていて、彼に長時間凝視されると寿命を縮めるという迷信、今でいうところの都市伝説が当時のパリでまことしやかに語られていたという。

怪奇と幻想の世界というよりカラフルなおとぎ話だった新国立劇場のオペラ『ホフマン物語』Byron(バイロン)で公開された投稿です。


【関連ニュース】
ちょっと残念な古着は染色で再生?
“本物”を追い求めた 96 年の生涯。さよなら、チョーさん。お疲れさまでした
道徳的だけれど、適正価格で格好いいエコTシャツが登場した!?
この春夏、スーツ好きはピースダイの服地に注目すべし!?
2月9日大安吉日はストライプのHKTやマッシュの「MG」などオープンラッシュ!!

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内