• トップ
  • » 文化・芸能・暮らし
  • 2018年3月7日(水)

ちょっと残念な古着は染色で再生?

モード逍遥#82

古着好きにはお洒落な人が多い。業界にも筋金入りが存在する。こういう人たちは、古着好きというより、古着数奇と呼ぶべきであろう。

たとえばジョルジォ・アルマーニ氏。イタリアに古着屋は少ないのだが、90年代の頃、ミラノのアルマーニ本社近くにあった古着屋に、氏は頻繁に顔を見せていたらしい。

また先年、LA郊外にある巨大な体育館のようなサープラスストアで、日本なら誰でも知っている有名なファッションデザイナーに出くわしたこともあった。

彼らは、デザインにするための資料集めと自らの趣味を兼ねて、古着屋巡りをしていたのだろう。

ちょっと残念な古着は染色で再生Byron(バイロン)で公開された投稿です。


【関連ニュース】
怪奇と幻想の世界というよりカラフルなおとぎ話だった新国立劇場のオペラ『ホフマン物語』
“本物”を追い求めた 96 年の生涯。さよなら、チョーさん。お疲れさまでした
道徳的だけれど、適正価格で格好いいエコTシャツが登場した!?
この春夏、スーツ好きはピースダイの服地に注目すべし!?
2月9日大安吉日はストライプのHKTやマッシュの「MG」などオープンラッシュ!!

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内