• トップ
  • » 文化・芸能・暮らし
  • 2018年3月2日(金)

クリント・イーストウッド監督の無差別テロを描く『15時17分、パリ行き』に、ノホホンと流れるアコーディオンの調べ

『15時17分、パリ行き』3月1日(木)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー/配給:ワーナー・ブラザース映画 2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited, RatPac-Dune Entertainment LLC

オトコ映画論#94

クリント・イーストウッド監督・製作作品『15時17分、パリ行き』(原題The 15:17 to Paris)は、ブラッドリー・クーパー主演作品『アメリカン・スナイパー』(原題American Sniper)やトム・ハンクス主演作品『ハドソン川の奇跡』(原題Sully)といったリアルヒーローの真実の物語を描き続けてきたクリント・イーストウッド監督にとって新境地といえる作品かもしれない。

クリント・イーストウッド監督の無差別テロを描く『15時17分、パリ行き』に、ノホホンと流れるアコーディオンの調べByron(バイロン)で公開された投稿です。


【関連ニュース】
大女優シャーリー・マクレーンが齢 83 歳で「出ずっぱり」な『あなたの旅立ち、綴ります』。ザ・キンクスの音楽が印象的?
iPod から流れる EW&F『ブギー・ワンダーランド』のドリスの軽やかなステップがすこぶる楽しい
“ボンドスーツ”を生んだスパイスリラー『北北西に進路を取れ』の一張羅スーツ!?
ヘンリー・マンシーニのラテンサウンド『ルージョン』がめちゃくちゃカッコいい『ビッグ・リボウスキ』
『メロディ・フェア』をはじめザ・ビージーズの数々の名曲が彩る映画『小さな恋のメロディ』

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内