• トップ
  • » 文化・芸能・暮らし
  • 2017年9月29日(金)

紙媒体の終焉は近いが、日本では思い切りが悪くて、発行回数を減らしてなんとかしようとあがいている…

週刊ファッション日記#65

「出版人・文徒」という今井照容氏が責任編集している日刊(土日祝日休み)のメールマガジンがある。出版業界、新聞業界、放送業界、広告業界の話題をとりあげて、寸評を加えている。今井氏はその風貌にもかかわらず私よりも年下なのだが、「紙媒体」や「書店」にただならぬ愛着があるためか、廃刊情報や書店の閉店・廃業情報が仔細に報じられている。特に書店の閉店・廃業は本屋好きのアナログ人間の私には肺腑をえぐられるように感じる。

紙媒体の終焉は近いが、日本では思い切りが悪くて、発行回数を減らしてなんとかしようとあがいている…Byron(バイロン)で公開された投稿です。


【関連ニュース】
作家モノ??のビスポークスーツに魅せられて
最近2つのセミナーを受講して、ファッション&アパレル業界の未来を再び考えた??
トム・フォードの新作映画にフラれて?
不倫はファッション業界にプラスになるのか?
ちょっと残念な日本のトラッド系ドレスシャツの過剰包装??

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内