• トップ
  • » 文化・芸能・暮らし
  • 2017年9月25日(月)

フランス人間国宝展。伝統工芸ひとすじに昇華された作り手たちのパッション

アートうたかたの記#16

フランスにも「人間国宝」の称号があるとはまったく知らなかった。1994年に設立されたこの「メートル・ダール」という称号は、日本の通称「人間国宝」(正式名称:重要無形文化財保持者)に倣ったものだという。

中世・近世の宮廷文化によって発展し、さまざまな分野で世界を魅了してきたフランスの伝統工芸の世界。その中から「メートル・ダール」の称号を授かった13名の作家と、次期の授与を目される2名の作家の作品を公開する展覧会が開催されている。

フランス人間国宝展。伝統工芸ひとすじに昇華された作り手たちのパッションByron(バイロン)で公開された投稿です。


【関連ニュース】
サリヴァンの傑作オペラ『ミカド』が日本であまり上演されない理由
菜園(ポタジェ)をアートの領域にまで高めている??ヴィランドリー城
“わかっちゃいるけどやめられない”?? 松尾スズキ大人計画の『業音』
なぜ半世紀も前のモノクロ写真が、たまらなくお洒落なのだろう?
アール・ヌーヴォーが生き続ける、ファンタジックな!? 地下鉄アベス駅へ

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内